下顎智歯(親知らず)抜歯と下歯槽神経麻痺(障害)および舌神経麻痺(障害)

下顎骨内には下顎管という管があり内部を下歯槽神経と動脈、静脈が走行しています。近年は、食生活の影響のためか顎の発達が悪くレントゲン写真で智歯根尖(根端)が下顎管に近接している方をよく見かけます。このような場合の抜歯に当たっては必ずCT撮影を推奨します。3次元的に歯根と下顎管の位置関係を抜歯前に把握しておく必要があります。さらに、下顎骨の内側には親知らずの位置から約2-3mm の近い距離を舌神経が走行しているので盲目的抜歯操作により舌神経を損傷しないように注意が必要です。下歯槽神経損傷防止策として近年では、世界的にCoronectomy(コロネクトミー:歯冠摘出術)や2回法抜歯などが徐々に普及しつつありますが、日本では保険適用ではありません。困難な抜歯の場合は、口腔外科専門医へ紹介されることをお勧めします。主治医とよく相談してください。さらに詳しくお知りになりたいかたは、医歯薬出版株式会社から「カラーグラフィックス 下歯槽神経麻痺・舌神経麻痺」がありますのでご一読ください。

下歯槽神経麻痺とインプラント

下歯槽神経麻痺は親知らずの抜歯やインプラントの手術に際し発現することが多いと言われています。インプラントを計画する場合、レントゲン写真で親知らずが下顎管に近接している場合はCT撮影を必ず行い下顎管の位置ならびに形状を精密に分析した上で手術計画を立てることが重要です。下歯槽神経はしばしば複数に 分枝していることがありオルソパノラマエックス線写真(パントモ)だけでは分枝の診断がつかないことが多く、CTによる冠状断所見が有効となります。さらに、神経損傷を防止するためにはインプラント用のガイド装置を使用して正確に埋入することが大事です。このような方法を使用してもインプラントは不可能なこともあります。神経を移動しておいて埋入する方法なども考案されていますが、直接下歯槽神経を操作する手術はお勧めできません。担当の主治医と納得いくまでよく相談をしてください。