これから研修医となるかたへ

これからの歯科医師臨床研修医へ

皆さんは歯科大学で歯科医学を学び、卒業そして国家試験に合格後、希望に満ちた輝く未来が待っている歯科医師人生を歩もうとしています。

しかし、現在の歯科界はきわめて多くの疾患と治療内容そして高い専門性が求められるようになりました。これは今後も増加していくはずです。だからこそ卒業直後の1年間の過ごし方が重要で、今後の歯科医師人生においてどれほど大きなインパクトを与えることでしょう。

現在の歯科界はもはや普通のことを普通に行って成り立つ業界ではなくなっています。

当院で行うインプラントはより安全なガイデッドサージャリーを100%使用するなど徹底した医療安全主義を貫いています。

また当院の特色として、外来治療の約70%を占める歯周病治療、齲蝕治療などの一般歯科診療を行いながら、看護師、歯科衛生士、歯科技工士などと協力し、救急車で搬送されてきた口腔顎顔面外傷(2016年日本口腔顎顔面外傷学会主催)、蜂窩織炎などの急性炎症、慢性顎骨骨髄炎、歯性上顎洞炎などに対する点滴や口腔内科疾患(味覚異常、口腔乾燥症、舌痛症、口腔がん、口腔扁平苔癬、カンジダ症、口臭、ほか)診断のための採血や各種検査法を駆使し、口腔外科専門医、歯科麻酔専門医、口腔がん専門医、口腔内科専門医と恊働治療を経験できます。

また当院には全身麻酔と入院設備があるため上下顎骨骨折、顎変形症、腫瘍、嚢胞、骨髄炎、神経修復手術などの口腔外科手術のみならず障がい者の歯科治療も全身麻酔下に行っています。

さらに外来や近年特に増加している訪問診療では近隣の総合病院との連携、歯科大学との連携構築も確固たるものがあり、総合病院画像センター、臨床検査室、医科の各科と総合病院内の歯科医院であるようなシームレスな環境を構築しています。

また当院の院長は東京歯科大学水道橋病院および東京歯科大学千葉歯科医療センターの臨床教授を拝命しており、口腔外科疾患はすべて担当しますが、特に「カラーグラフィックス下歯槽神経、舌神経麻痺」(医歯薬出版株式会社)他の成書執筆や近年は「歯科治療による下歯槽神経・舌神経損傷の診断とその治療 に関するガイドライン」策定委員もつとめ、大学病院で神経修復手術を行っています。

神経損傷の防止策や診断はもとより、特に病理学、臨床病態と各種疾患についても講義や顕微鏡を使用して学べます。

歯科医師臨床研修施設として10年の経験がある当院で研修を受ける歯科医師は充実した1年間を通して、様々な経験とともに社会に貢献ができ、多くのかたから嘱望される存在になってほしいと思います。

歯科医師臨床研修施設ホームページ開設

佐々木歯科・口腔顎顔面ケアクリニックは今年度より単独型が加わりました。

これで、単独型、管理型(東京歯科大学水道橋病院および千葉歯科医療センター)、協力型(東京歯科大学水道橋病院および千葉歯科医療センター)となります。

詳しくはhttps://sasaki-drtc.comを✅してください。

8月24日まで募集中です。

有床歯科施設の重要性

有床施設は医科では古くから存在し、現在のように病院が増える前から1.5または2次医療機関として国内では広く周知され国民の健康を守ってきた。

歯科ではどうだろうか?やはり歯科でも同様に以前は全国に120カ所を超える有床歯科施設があったと聞いているが、現在は登録施設数は40カ所程度に減少、実際に稼働しているのはさらに少ないと思われる。

以前の有床歯科施設は急性期疾患の受け皿だったが、これからは訪問診療の後方支援歯科施設として新たな役割が期待されている。

口腔外科や歯科麻酔科専門医が大学病院や総合病院で培ってきた知識とスキルを存分に発揮できる分野である。統計的に約2%が大学教授や総合病院のトップに就くという報告もある。言い換えるとこれらの専門医を含めた90%以上は開業ということになり、通常の歯科診療だけではやがて淘汰されることになりかねない。なぜなら一般歯科治療に習熟していない専門医が多いからである。現在、病床規制があり容易に入院施設は持てない状況であるが、リカバリーベッドは持てる。口腔外科や歯科麻酔専門医が開業する際は、障がい者や在宅訪問診療の後方支援施設として専門医の知識とスキルを発揮できる有床歯科施設またはリカバリーベッドを持った施設の開業を目指して欲しいと思います。

日本有床歯科施設協議会 副会長 佐々木研一

神経麻痺と神経障害

運動神経麻痺は英語でnerve palsy

では、知覚麻痺は英語でnerve disturbance またはnerve paralysisなので日本語では知覚神経障害でなくてはいけない!と思っている方もおられると思います。

英語では違う単語でも、日本語でそうでしょうか?

本来『麻痺という漢字』には運動麻痺と感覚麻痺の両方の意味合いがあると思います。

皆様はどうお考えでしょうか?

第11回南総再生歯科医療研究会でKYT(危険予知トレーニング)実施しました!

医療安全は医院経営の根幹です!ぜひ明日からKYTの実践を!

KYT

KYTとは危険予知トレーニングの略称です。

医療安全のキーワードとして5Sと同じように基本中の基本です。医院経営は医療安全の上に成り立っています。皆さんも是非参加して医療安全体質強化の歯科医院作りを一緒にしませんか?

Coronectomy:コロネクトミー

Coronectomyは下歯槽神経麻痺を防止する有効な智歯(親知らず)の外科的対処法となり得る方法です。また、年齢的な考慮も必要ですが、2回法抜歯も有効な方法となります。